陶芸用品・陶芸材料が豊富な、シンリュウのオンラインショップ

釉薬

Glaze
天然灰釉薬

並べ替え 

陶芸釉薬色見本帖Ⅱ写真

陶芸釉薬色見本帖Ⅱ

【釉薬】しがらき釉薬 粉末釉薬 化粧泥 楽焼釉薬 天然灰釉薬 絵の具 撥水剤・防水剤・接着剤 原材料
送料無料
最低価格:2,480円
最高価格:2,480円

シンリュウの釉薬を使った様々な作品を通して釉薬の色見本を見ることができるこの一冊、ついに発売になりました。

見本以外にも基本的な陶芸の流れや、釉掛け、釉の厚さ、濃さ、調整の仕方などプロが細かくコメントしております。

全てこちらのオンラインショップの材料を使って作成した作品の数々がギュッと詰まっております!実はこんなに美しい作品が作れちゃうんです。

是非、作陶の参考書に。あなたもステップアップしてみませんか?


※販売終了となりました。

[粉末]天然灰 うのふ釉 写真

[粉末]天然灰 うのふ釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,530円
最高価格:22,275円

【商品説明】
やわらかい白味のある釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 樫灰釉 写真

[粉末]天然灰 樫灰釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,145円
最高価格:18,920円

【商品説明】
わずかに鉄分を含むマット質の釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 紫瑠璃釉 写真

[粉末]天然灰 紫瑠璃釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,915円
最高価格:25,630円

【商品説明】
深みのある青色がきれいな釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

 [粉末]天然灰 松灰釉 写真

[粉末]天然灰 松灰釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,310円
最高価格:20,020円

【商品説明】
ビードロ釉を失透させたような、艶のない質感の釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 別甲釉 写真

[粉末]天然灰 別甲釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,255円
最高価格:19,745円

【商品説明】
別甲のような透き通った茶色がきれいな釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 ビードロ釉 写真

[粉末]天然灰 ビードロ釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,365円
最高価格:20,845円

【商品説明】
ガラス質のきれいな釉薬です。酸化で黄色、還元で緑がかった色になります。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 瑠璃海鼠釉 写真

[粉末]天然灰 瑠璃海鼠釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,640円
最高価格:23,100円

【商品説明】
ルリの青味に海鼠の雰囲気漂う瑠璃海鼠釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 油滴天目釉 写真

[粉末]天然灰 油滴天目釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,475円
最高価格:22,000円

【商品説明】
油のような虹彩がでる天目釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 木灰透明釉 写真

[粉末]天然灰 木灰透明釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,090円
最高価格:18,645円

【商品説明】
わずかに鉄分を含む透明釉です。還元で青~灰味がかかります。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 乳白釉 写真

[粉末]天然灰 乳白釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,200円
最高価格:19,250円

【商品説明】
わずかに鉄分を含む乳白釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 銅青磁釉 写真

[粉末]天然灰 銅青磁釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,420円
最高価格:21,395円

【商品説明】
マット質の緑がかった青色がきれいな釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 土灰透明釉 写真

[粉末]天然灰 土灰透明釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,090円
最高価格:18,645円

【商品説明】
鉄分が多めで、土灰釉に近い質感の透明釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 トルコ青釉 写真

[粉末]天然灰 トルコ青釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,420円
最高価格:21,175円

【商品説明】
はっきりとした水色のトルコ青釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 鉄砂釉 写真

[粉末]天然灰 鉄砂釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,365円
最高価格:20,900円

【商品説明】
鉄錆びのような質感がきれいな釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 鉄赤釉 写真

[粉末]天然灰 鉄赤釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,585円
最高価格:22,825円

【商品説明】
鉄赤特有の赤い斑点がきれいな釉薬です。還元焼成の方が斑点が出やすいです。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 鉄青磁釉 写真

[粉末]天然灰 鉄青磁釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,255円
最高価格:19,745円

【商品説明】
鉄分少なめで、やわらかい色味の青磁釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 天目釉 写真

[粉末]天然灰 天目釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,365円
最高価格:20,845円

【商品説明】
酸化で黒く、還元では赤茶になる天目釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 艶黒天目釉 写真

[粉末]天然灰 艶黒天目釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,035円
最高価格:18,095円

【商品説明】
酸化で赤茶、還元では灰色になる天目釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 蕎麦釉 写真

[粉末]天然灰 蕎麦釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,365円
最高価格:20,845円

【商品説明】
赤茶に黄色の粒模様が浮かびます。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 青銅マット釉 写真

[粉末]天然灰 青銅マット釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,420円
最高価格:21,175円

【商品説明】
緑がかった青色がきれいな釉薬です。マットな質です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 青交趾釉 写真

[粉末]天然灰 青交趾釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,365円
最高価格:20,845円

【商品説明】
緑がかった青色の釉薬です。半透明で土色が見えます。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 白マット釉 写真

[粉末]天然灰 白マット釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,310円
最高価格:20,020円

【商品説明】
しっかりとしたマット質です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 辰砂釉 写真

[粉末]天然灰 辰砂釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,585円
最高価格:22,825円

【商品説明】
還元で深みのある赤色になります。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 志野釉 写真

[粉末]天然灰 志野釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,365円
最高価格:20,845円

【商品説明】
還元で志野釉らしいブツブツとした質感になります。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 白萩釉 写真

[粉末]天然灰 白萩釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,750円
最高価格:24,200円

【商品説明】
失透気味の白萩釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 古信楽釉 写真

[粉末]天然灰 古信楽釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,200円
最高価格:19,470円

【商品説明】
古信楽土と合わせると、古信楽焼の雰囲気が出ます。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 古萩釉 写真

[粉末]天然灰 古萩釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,530円
最高価格:22,550円

【商品説明】
鉄分が多めの古萩釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 古瀬戸釉 写真

[粉末]天然灰 古瀬戸釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,310円
最高価格:20,570円

【商品説明】
伝統的な瀬戸の釉薬です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 砧青磁釉 写真

[粉末]天然灰 砧青磁釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,200円
最高価格:19,470円

【商品説明】
不透明性の鉄分少なめの青磁釉です。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 均窯釉 写真

[粉末]天然灰 均窯釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,585円
最高価格:22,825円

【商品説明】
酸化で水色に、灰色~赤味がかった灰色になります。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

[粉末]天然灰 黄伊羅保釉 写真

[粉末]天然灰 黄伊羅保釉 

【釉薬】天然灰釉薬
送料無料
最低価格:2,365円
最高価格:20,845円

【商品説明】
「いらいら」とした独特の模様が出ます。

焼成温度:1230~1250℃(SK7~8)
水量:釉薬1kgに対して800~1000mL

(使用例)
①バケツやボウルに800~1000mLの水を用意します。
②そこに粉末釉薬1kgを入れます。
③粉体が水になじむまで浸け置きます(可能なら2~3日程度)。
④浸け置き後、よく撹拌して溶け残りのない状態にします。
④最後に沈殿防止剤、CMC溶液を2~3%加えよく撹拌します。
※加えておくと釉薬の保存や釉掛けがしやすくなります。

沈殿防止剤
セロゲン(CMC)

※焼成見本は酸化焼成:1230℃(SK-7)、還元焼成:1250℃(SK-8)で行ったものです。
※釉薬の釉調・発色は使用粘土、施釉厚、焼成条件によって異なります。テスト焼成を行ってからの使用をお願いいたします。

Set items
セット商品

  • 陶芸初心者の方 | はじめてセット
  • 質感・色までおさえた | これ作れますセット
  • 感性が光る!上級者セット
  • 伝統に触れるセット

陶芸工房

  • 陶材用語集